検索

logo

営業力強化

vNTY ハーバード流交渉術(オンライン版) Virtual Negotiating to Yes

駆け引き型交渉と原則立脚型交渉

ビジネスは交渉の連続です。お客さまへの提案や契約に向けた商談はもちろんのこと、日常的なお客さまとのやりとりや社内のメンバーとのスケジュール調整など、交渉はあらゆるビジネスシーンで登場し、避けて通ることはできません。日々の活動における交渉を効果的に進め、成功させることが利益を生み出し、ビジネスの成果を最大化するための重要な鍵となります。「ハーバード流交渉術(オンライン版)」は交渉を通してビジネスの価値を高めるだけなく、お客さまや社内のメンバーとの信頼関係を強化するための考え方やプロセスを、効果的かつ実践的に学ぶことができるプログラムです。

ハーバード流交渉術(オンライン版)は、あなたを「ビジネスの成功を導く交渉者」になることを支援します。「原則立脚型交渉」という交渉戦略に基づき、交渉相手との信頼関係を損なうことなく、交渉者双方の利害を満たす合意に達するための考え方とプロセスを修得します。

プログラムのねらい

このプログラムでは、交渉を相手と対立する「駆け引き」から協調的な「問題解決」へと変える、学術的な裏付けのあるコミュニケーション方法を提供します。ウィン・ウィンのビジネス取引を軸に、お客さまとの長期的な信頼関係の構築が可能です。また、このプログラムはセールススキルを超えた統括的な人材育成ソリューションであり、コーチングやパフォーマンス マネジメントスキル、さらに目標達成能力の向上を目的としたツールなども豊富です。

ラーニング・トランスファーに向けたオンライン学習の最適化

ウィルソン・ラーニングでは、学習した内容を日々の活動に活かすことが何よりも重要だと考えており、より実用性の高い内容とするために、このプログラムはラーニング・トランスファーというコンセプトに基づき構成されています。参加者の学習への動機づけ、学習内容の実践化、さらに組織への浸透促進のために、次のような取り組みを支援しています。

参加者本人とそのマネジャーの学習に対する態勢作りのために:

  • ・事前課題、コミュニケーション促進など

ラーニング トランスファーを通して新たなスキルの利用と実践を支援するために:

  • ・複数回に分けて開催される、約3時間のオンラインセッション

オンラインセッションはウィルソン・ラーニングのインストラクター、あるいはウィルソン・ラーニングが認定したお客さま組織内のインストラクターが実施します。 各セッションにおいて、参加者が一定の知識やスキルを“持ち帰る”ことができるようになっており、セッションの間に実践する期間を経て、学習が定着するよう設計されています。

組織全体での実践と浸透を支援するために:

  • ・参加者とマネジャー向けの事後学習支援ツール

これらの一連の取り組みを通して、職場に戻った後も、スキルやツールを継続的に実践し続ける力が身につきます。

定期公開セミナーのご案内

See current offerings for vNTY ハーバード流交渉術(オンライン版)Virtual Negotiating to Yes