検索

logo

リーダーシップマネジメント

LM リーダーシップマネジメント Leadership Management

リーダーシップマネジメント

これまで、部門の生産性を上げるためには、管理者が部下の行動のすみずみまでを管理、監督すべきと考えられてきました。しかし現在、このような管理型のマネジメント スタイルは力を失いつつあります。この変化の時代に組織が生き残り、さらなる成長を続ける鍵は、組織の構成員の自発性にあると言っても過言ではありません。

ウィルソン・ラーニングによる調査から、組織パフォーマンス(質・量・自発性)にもっとも強く影響を及ぼす要素は、「ワークカルチャー(職場風土)」と、「管理者のリーダーシップ」であることがわかりました。管理型のマネジメント スタイルでは、部下の自発性を引き出すことはできません。自発的に仕事に取り組む職場風土を作り、組織パフォーマンスを向上させるためには、リーダーシップを基盤とするマネジメントを行うことが重要となります。

プログラムの焦点:何を修得するか?

「LM リーダーシップマネジメント」は、管理者として部下に肯定的な影響を与えていく上で必要なリーダーシップの5要素の理解、そして日々の活動を通じてそれらを発揮するためのスキルの修得を目的としたプログラムです。
パフォーマンス(質・量・自発性)は満足度と密接な関係にあり、部下の満足度は管理者のリーダーシップに大きく影響を受けます。本プログラムでは、この「リーダーシップの5つの要素の発揮度合の現状」と「職場の満足度の現状」を事前調査し、管理者自身に、現状を振り返る機会を提供します。

プログラムの方法論:どのように修得するか?

部下が抱く5つの疑問とリーダーシップの5要素

ウィルソン・ラーニングが行った調査の結果から、部下の自発性を引き出すために有効な管理者の言動は28項目あり、それらは5つのリーダーシップの要素にまとめられることがわかりました。
部下のパフォーマンスに重要な影響を与えるこれら5つの要素を、具体的なスキルとして、講義、ケーススタディ、ロールプレイなどによって学習していきます。

  • 1.【企業目的】私たちは、なぜ存在するのだろうか? 自分たちのしていることは部門・企業・社会に対してどのような意味を持っているのか?
  • 2.【目 標】私たちは、どこに向かっているのだろうか? 自分たちの進むべき方向はどこなのか?
  • 3.【フィードバック】私の仕事ぶりはどうなのだろうか? 自分は目標達成に向けて効果的に進んでいるのだろうか?
  • 4.【支 援】私は助けが必要な時、どうなるのだろうか? 障害の克服や挑戦・成長のためにどのような支援が得られるか?
  • 5.【奨 励】私は、仕事から何が得られるのだろうか? 努力して成果が出せた時には認められるのだろうか?

プログラムの構成

  • ・標準開催期間:2日間
  • 態:20名以下の少人数によるセミナー
  • 材:DVD、スライド、フリップチャート、ワークブック、学習のてびき
  • 参加対象者:管理者、部門責任者
  • 参加対象者:営業担当者(中堅以上)、営業管理者
  • 事前調査:「LS リーダーシップ調査」

「リーダーシップの5要素」と「部門の満足度」との2点の調査結果から、参加者のリーダーシップ発揮度合を把握します。結果はコース中に、参加者に直接渡されます。