Events

11/15開催:越境リーダーシップ「社会課題解決の協同組合型経済モデルの可能性」

[越境リーダーシップ Meet up  "LIVE!"]
11/15開催:「社会課題解決の協同組合型経済モデルの可能性」

自らの想いを起点に境界を越境しながら共創的に価値創造に挑戦している「越境リーダー」を招き、現在進行中の活動、これからの展望を伺い、実践者同士の創発につなげていくための取り組みです。

「シェアリングエコノミー」「協同組合型経済モデル」という二つの観点・潮流から、
これから出現する地域の未来の経済の在り方、地域課題解決の新たな選択肢について対話します。
今回は日本生活協同組合連合会の越境リーダー、本木時久さんをお招きします。

約100年前、社会情勢が不安定で安定的に食料調達ができない問題を立場の弱い個が出資金を出し合い、共同調達・購買をすることで、
暮らしをお互いに支え合い、助け合う相互互助の「協同組合」が生まれました。
そして時代は変わり、社会課題は多様化し、世界の課題先進国と言われるこの国で、
いまや全国に生活協同組合だけで500強あり、組合員数は、約2,800万世帯、事業規模は全部足すと3兆円以上になります。
現在そして未来に向けて、一人ひとりが自分らしく暮らせる助け合いの社会をつくっていくために
「協同組合型経済」はどんな進化の可能性があるのでしょうか?

本木さんにお取り組みを伺い、さらに10/19開催回ゲストのシェアリングエコノミーを推進する加藤遼さん(株式会社パソナ)をお招きし、対談を行います。
今回も皆さまと一緒に対話・探索していきたいと思います。

お申込みはこちら


◆ゲストプロフィール 

本木時久さん写真本木 時久 氏
日本生活協同組合連合会

生活用品事業本部
本部長(元生活協同組合コープこうべ 執行役員)

大学卒業後、1989 年に灘神戸生活協同組合(現コープこうべ)入所。宅配の現場を経て、2003年より2010 年まで宅配事業の改革に従事。
夕食サポート事業「まいくる」を立ち上げた後、2012 年より組織改革「次代コープこうべづくり」を担当。
創立100 周年となる2021 年のビジョンとして「社会的課題を解決する事業体のトップランナー」を掲げ、生協価値の再構築を推進。
並行して情報システム、物流、福祉介護事業、商品開発などを担当。2018年6月より日本生活協同組合連合会出向(現職)。

◆日時、会場

日時:2018年11月15日(木) 19:00~21:30(開場:18:30)
   交流会 21:30~22:30

会場:ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

参加費:2,000円(軽食と飲み物をご用意します)
※高校、大学生は無料です。

 

お申込みはこちら

「越境リーダーシップ」プロジェクトとは

https://crossborderleadership.org
自分の想いを起点として越境し、社会の課題を解決する事業を共創することで、社会的なインパクトをもたらす。そのような「生き方(職業人生)」に挑戦する企業内個人が出現しています。
既存の枠組みや組織の境界を越えて、個人の想いから共創的に価値創造する行為を「越境リーダーシップ」と名付け、共創型実践研究と推進支援に取り組むプロジェクトです。