logo
eBook_57

全12ページ

6割の社員が不満を感じている目標管理、どうすればうまく回る?

多くの会社が目標管理(MBO)をはじめとした人事評価制度を導入し、運用していますが、満足のいく運用ができている組織はどの程度あると思われますか?

日経BPコンサルティングが実施した人事評価制度に関する調査では、「人事評価制度に満足していますか」という質問に対して、「満足」もしくは「どちらかというと満足」と回答したのは約38%。「不満」もしくは「どちらかというと不満」との回答が約62%と上回っています。

実際に人事のご担当者とお話をしていても、「目標管理に対して『不満がある』という社内の声が挙がっている」「狙った成果が出せていないが変えることも難しく惰性で続けている状態」「制度を理解するための研修は行っているが、実際の運用は管理者任せになっている」といったお悩みをよく伺います。
検索すると「目標管理はもう古い」という主旨の記事も散見されます。そのような意見を目にして、「目標管理をこのまま続けていてよいのか?」「目標管理を導入するべきか?」と悩みやご不安を感じているご担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、目標管理の考え方は時代遅れになったわけでも、評価制度にそぐわないものでもありません。目標管理本来の考え方を理解し、現状のビジネスに合わせ適切に運用しさえすれば、組織としての成果を上げ、個人の成長を促すことができるのです。

目標管理を成功させるための2つのポイントと必須スキル

実は、効果的な目標管理を実現するためには、2つのポイントがあります。
管理者がそのポイントを理解していること、そして目標管理に関するスキルを持っていることが成功の鍵です。

本資料では、この2つのポイントについて説明し、管理者に必要な目標管理スキルの内容および習得方法をご紹介しています。
ぜひお読みください。

ダウンロードはこちら

【こんな人におすすめ!】
  • 新しく導入する目標管理を成功させたい
  • 今の目標管理が形骸化してきているので何とかしたい
  • メンバーにもっと意欲的に目標に取り組むようになってもらいたい
  • 管理者からメンバーへのコミュニケーションやコーチングを、もっと有意義で 効果的なものにしたい
  • 目標管理を通じてメンバーの成長が促進されるような仕組みにしたい

【本資料でわかること】
  • 目標管理を成功させる2つのポイントと、それが実現できない理由
  • 目標管理スキルの内容と、そのスキルを習得させるための施策
  • 施策で使用する管理者向け動画(サンプル)のご案内