8/27「ラーニング・ジャーニー「学びの道のり」とは?」終了しました

8月27日、フォーラム 「ラーニング・ジャーニー「学びの道のり」とは?」を実施しました。
お忙しい中ご来場いただきありがとうございました。

開催概要

効果的な研修には、何を学ぶか?と同時に、どのように学ぶか?のデザインが重要です。

「ラーニング・ジャーニー」をデザインするアプローチと、学びを成果に結びつけるための要素、さらに、事前調査や集合研修(リアルとバーチャル)、自己学習だけでなく、学習者同志による学び合い、スキル発揮のモニタリングなど、学びを効果的に提供するための仕組みやテクノロジーについてご説明します。

当日の内容

  1. ラーニング・ジャーニーとラーニング・トランスファー
    ・学びを成果に結びつけるための3つの領域と11の要素
    ・学び方の進化
    ・ヒーローズ・ジャーニー
    ・学びの「道のり」の設計
  2. ケーススタディ
  3. 学びの道のりを支えるテクノロジーについて
  4. ディスカッション

参加者の声

参加いただいた方からは
「ラーニング・トランスファーの再確認ができた」
「学びの“道のり”をシステマチックに作ることができそうだ」
「学びの設計チェックリストを使って研修運営を見直したい」
「ヒーローズ・ジャーニーという考え方に取り組んでみたい」
「VRへの期待が持てた」

などの声をいただきました。 

※フォーラム当日の資料をご希望の方はお問い合わせください。

関連記事