7/24「勝てる営業」を育てる:第1回「育成の考え方と実行プロセス」終了しました

7月24日、セールスフォーラム 「勝てる営業」を育てる:第1回「育成の考え方と実行プロセス」を実施しました。
お忙しい中ご来場いただきありがとうございました。

開催概要

営業担当者に重要な4つのコンピテンシーのモデルを活用して自社の求める営業人材像を明確にすることができます。

この「CSPT モデル」と呼ぶ4つのコンピテンシーをご紹介し、それをもとに、どのように育成の目標と育成のプロセスを組み立てればよいのか、お役に立てるヒントをご紹介しました。

CSPT モデル
ウィルソン・ラーニングは、世界中で営業力向上を目指したコンピテンシーモデルの開発を支援してきました。これらの経験から蓄積されたノウハウと研究に基づき、営業担当者の能力は重要な4つの領域に整理されることがあきらかになりました。CSPT モデルは、その4つの領域をあらわしたものです。

内容

  1. 営業人材育成の考え方(APLS)
  2. 現有営業能力を見える化する(営業力診断ツール)
  3. 求める営業人材像と育成計画を策定する(営業人材開発プランニングワークショップ)
  4. 8月フォーラム内容の予告
  5. Q&A

参加者の声

参加いただいた方からは
「自社の育成プログラム構築の参考になった」
「ウィルソン・ラーニングのアセスメント手法に興味を持った」
「実際に体系づけた能力要件の分析など、具体的に知ることができた」
などの声をいただきました。

※フォーラム当日の資料をご希望の方はお問い合わせください。

次回ご案内

第2回8月27日(火)は営業担当者を育成する立場の管理者の役割についてお話します。

8月セールスフォーラムのお申込みはこちらから

関連記事