8/27開催:ラーニング・ジャーニー=「学びの道のり」とは?

成果につながる学びのプロセス設計のヒントをお伝えします

LearningJourney_full.png

行動が変わる学びと変わらない学び、何が違うのでしょうか?

学習者を取り巻く環境の変化と同時に、テクノロジーも急速に進化を続け、これまでにはなかった多様な学び方を研修に取り入れることが可能になりました。

本セッションでは、行動変容のプロセスに沿って、効果的な学びを「ラーニング・ジャーニー=学びの道のり」としてデザインし、提供するためのアプローチとヒントをお届けします。

実施概要

効果的な研修には、何を学ぶか?と同時に、どのように学ぶか?のデザインが重要です。

「ラーニング・ジャーニー」をデザインするアプローチと、学びを成果に結びつけるための要素、さらに、事前調査や集合研修(リアルとバーチャル)、自己学習だけでなく、学習者同志による学び合い、スキル発揮のモニタリングなど、学びを効果的に提供するための仕組みやテクノロジーについてご説明します。

  1. ラーニング・ジャーニーとラーニング・トランスファー
    ・学び方の進化
    ・「学びの道のり」とは?
    ・学びを成果に結びつけるための3つの領域と11の要素
  2. ケーススタディ
  3. 学びのイネイブルメント(ツール)の現在と未来
  4. ディスカッション+Q&A

お申込みはこちら

開催概要

【日時】

2019年8月27日(火) 14:45~16:15(開場14:30)

【参加費】
 無料

【会場】
 ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
 東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

【定員】 30名程度

  • 定員になり次第、締切らせていただきます。お早めにお申込みください。
  • お申込み多数の場合は、抽選となります。
  • 同業(人材育成・研修業界)の方のご参加はご遠慮いただきます。

同日開催フォーラムのご案内

13:00~14:30 育成施策を定着させる営業管理者の役割
14:45~16:15 ラーニング・ジャーニー~「学びの道のり」とは?~
16:30~18:00 社員の成長支援のためのアセスメント

関連記事