7月、8月セールスフォーラム:「勝てる営業」を育てる

営業力強化、人材育成をお考えの責任者の方
施策導入を検討されるご担当者の方へ

営業力の強さは、企業が成長するための重要な要件のひとつです。
顧客の購買スタイルが急激に変化する中、営業に求められる役割や能力や活動も変化を強いられています。
プロダクト営業、アカウント営業、ソリューション営業、インサイト営業・・・
今、自社のフィールドで顧客に選ばれ、「勝てる営業」とは、どのような営業なのか?

ウィルソン・ラーニングでは、7~10月全4回シリーズでセールスフォーラムを開催いたします。

7月、8月については「勝てる営業を育てる」と題し、
ウィルソン・ラーニングが50年余りで培った営業人材育成の考え方、実行のプロセスから、
現場で上司が担う育成の役割と方法について2回のシリーズに分けてご紹介します。

第1回:育成の考え方と実行プロセス
2019年7月24日(水)13:30~15:30

営業担当者に重要な4つのコンピテンシーのモデルを活用して自社の求める営業人材像を明確にすることができます。

この「CSPT モデル」と呼ぶ4つのコンピテンシーをご紹介し、それをもとに、どのように育成の目標と育成のプロセスを組み立てればよいのか、お役に立てるヒントをお持ち帰りいただけます。

CSPT モデル
ウィルソン・ラーニングは、世界中で営業力向上を目指したコンピテンシーモデルの開発を支援してきました。これらの経験から蓄積されたノウハウと研究に基づき、営業担当者の能力は重要な4つの領域に整理されることがあきらかになりました。CSPT モデルは、その4つの領域をあらわしたものです。

内容

  1. 営業人材育成の考え方(APLS)
  2. 現有営業能力を見える化する(営業力診断ツール)
  3. 求める営業人材像と育成計画を策定する(営業人材開発プランニングワークショップ)
  4. 8月フォーラム内容の予告
  5. Q&A

第2回:育成施策を定着させる営業管理者の役割
2019年8月27日(火)13:00~14:30

どんなに素晴らしい育成計画やトレーニング機会を設けても、最終的には日々の活動でそれを実践できるかどうかは、営業担当者の一番身近でそれを支援できる営業管理者にかかっています。

営業組織内ではプレイングマネージャーでもある営業管理者が短時間で的確なフィードバックを与えることができるセールスコーチングのステップとスキルをご紹介します。

内容

  1. 営業人材育成の考え方(APLS)のリビュー
  2. フェーズⅡ営業へ導くトレーニングカリキュラム
  3. フェーズⅡ営業へ導くセールスコーチング(DKSDF)
  4. 9月フォーラム内容の予告
  5. Q&A

お申込みはこちら

開催概要

【日時】
 第1回:2019年7月24日(水) 13:30~15:30(開場 13:00)
 第2回:2019年8月27日(火) 13:00~14:30(開場 12:30)

【参加費】
 無料

【会場】
 ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
 東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

【定員】 30名程度

  • 定員になり次第、締切らせていただきます。お早めにお申込みください。
  • ご参加は1社につき2名までとさせていただきます。
  • 同業(人材育成・研修業界)の方のご参加はお断りさせていただきます。
■ 関連情報/トレンド

変化を恐れない!時代が求める理想の営業担当者像とは?

■ 関連情報/営業力強化プログラム

CCSP コーチング カウンセラー セールスパーソン  Coaching the Counselor Salesperson

部下の実績・結果ばかりではなく、それを生み出す営業活動のプロセスを効果的にコーチし、部下の成長を促進する、指導についての発想を転換する営業管理者のためのプログラム。

CIS 営業活動基本モジュール A Career In Sales

営業活動の段階(営業プロセス)ごとに、お客さまとの会話の進め方/構成するスキル/事前の準備の仕方/次の段階に進むための判断基準/現場での実践方法 などを修得するための基本プログラム。

CSP カウンセラー セールスパーソン The Counselor Salesperson

営業プロセスをお客さまの視点から考え、お客さまが直面する4つの壁(障害)を乗り越えていくプロセスを通して、お客さまのビジネス上の課題を解決するカウンセラー セールスを修得するプログラム。