今、なぜ質問力? ウィルソン・ラーニング流「質問力」の高め方

今、なぜ質問力? ウィルソン・ラーニング流「質問力」の高め方

みなさん、このような経験はありませんか?

  • 聞きたいことを会話の中でうまく組み込めず、質問ができなかった
  • 質問はしたけれど欲しい回答が得られなかった
  • 質問の仕方が悪く、会話が弾まなかった

ビジネスパーソンに欠かせない質問力

相手から必要な情報を引き出したり、会話の中から新たな視点を生み出すためには、不明点や疑問点を問いかける必要があります。
質問力とは、その不明点や疑問点を問いかける能力のことです。
ビジネスシーンにおいて、「質問力」はもはや必須スキルと言っても過言ではありません。
質問力が低いと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
また、どうすれば質問力を高めることが出来るのでしょうか。

質問力が低いと信頼を失うことも?

社内外にかかわらず、皆さんは日常的にさまざまな質問をしていると思いますが、それと同じくらい「質問される側」の立場にもなっています。
質問される時に、「一方的に質問された」「同じような質問ばかりされた」「何を聞かれているのか、何が聞きたいのかよくわからなかった」と思ったことはありませんか?
ちゃんと質問してくれない相手にわざわざ時間を割いて自分の考えや思いを伝えようと思うでしょうか? 思わないですよね。

誰もが日常的に行っている質問ですが、ビジネスシーンにおいては質問力が信頼関係に直結します。質問力が低いと相手に無駄な会話だったと思われ、不信感を抱かせてしまうかもしれません。あなた自身にとっても、相手の本当の考えを聞くことができず、情報収集につながらないといったことが起こります。

「質問力」を高めるメリット

質問力が高い人は、相手に不快感を与えずに、短い時間で本当に必要な答えを引き出すことができています。質問力を高めることで得られるメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 相手とスムーズに人間関係を築くことができる
  • 相手がふだんは意識していない(言語化できていない)潜在的な情報を得ることができる
  • (上記の結果として)良質な情報をより多く集めることができ、質の高い提案や対話につながる

質問する前に重要な2つの準備

みなさんは、誰にどのような形で質問されても常に本音を話すことができますか?
たいていの場合、「相手」と「聞かれ方」によりますよね。
相手が不快にならず、かつ自然と話したくなるような「よい質問」をして、信頼度を上げていきましょう。

適切な質問を行うために、まず重要なのは事前準備です。自分が何を聞いて何を得たいのかを事前に明確にしておかないと、適切な質問はできません。短い時間でも、2つの準備をするくせをつけましょう。

事前準備① 相手の立場に立って考える
あなたの意識は、「いかにして、自分が欲しい情報を相手から引き出すか」だけに集中していませんか?
「よい質問をする」=「相手を攻略して言葉や情報を引き出す」ことではありません。
「よい質問」は、相手の立場に立って考えることから始まります。質問力を高めることは、「相談したい信頼できる相手」と認知されることにつながります。問題や解決したい課題が生じた際に、相手から相談を持ち掛けてもらえるようになるのです。
既に何度か会っている相手であっても、あなたに対して信頼感を持っていなければ課題や悩みをわざわざ話そうとは思いません。逆に、初めて会う相手でも、あなたの誠実さや能力が伝われば、信用して話してみようと思うでしょう。
何を質問するかをきちんと整理したうえで、どのように質問するか、そのために必要なものがあれば用意しておくのが事前準備ですが、その時に必ず相手の立場に立って考えることが重要です。
事前準備② 質問のスキルを身につける
オープン質問、クローズ質問などは聞いたことがあるかもしれませんが、質問にはいくつかの種類があります。それらを会話の状況に応じて適切に組み立てられると、相手が答えやすくなり、スムーズに情報が引き出せます。
また、一方的に質問されていると思われないためには、傾聴の姿勢を示すことも重要です。
言葉による傾聴と、態度による傾聴がありますが、特にオンライン面談では、相手の環境を考慮しながら、質問のスキルと併せて使い分けることが重要です。

「質問力研修」で総合的な質問力を高めよう

ウィルソン・ラーニング の公開講座「質問力研修」では、先に書いた「相手の立場になって考える」ことも含めた質問の前提となる信頼関係の構築についてまず学びます。そして、それを基礎とした対話のスキル、その後のアクションまでを視野に入れた、総合的な「質問力」を1日で修得します。
実施はオンライン、お一人からご参加いただけます。
さまざまな業界の方々と交流を深めながら、「質問力研修」で総合的な質問力を手に入れましょう。

まとめ

  • 質問力はビジネスにおいて必須のスキル
  • 短くても事前準備をすることは質問の基本
  • 「よい質問」は、相手の立場に立って考えることから始まる
  • 相手の立場に立って考えること、質問のスキルを身につけ組み合わせて使う力を習得することで信頼関係の構築につながる

 

顧客のニーズを早く確実にヒアリング
申し込みはこちら

関連記事