【開催レポート】自由で安心安全な対話の場「Wilson Café」

【開催レポート】自由で安心安全な対話の場「Wilson Café」

(2021/9/14更新)
さまざまなイベントがオンライン化し、他社との交流機会が減っているとお伺いします。
ウィルソン・ラーニングではそのようなお客さまの声から、参加者同士の対話の場として2021年3月より2か月に1度「Wilson Café」を開催。
毎回異なるテーマを設定し、さまざまな業界、職種の方にご参加いただいています。

安心安全な対話の場

Wilson Caféは「安心安全な対話の場」をコンセプトとしています。Caféを運営するスタッフも含め、その場に集う全員がフラットな立場で対話に参加します。
レクチャーや情報発信ではなく、参加者同士の会話の中からヒントを見つけて持ち帰っていただく本イベントは少人数制をとっており、どなたにも気軽にお話しいただける場としてご好評をいただいています。

人材開発・組織開発の旬なテーマをピックアップ

時代や環境の変化によって、人材開発や組織開発のテーマも変化します。
Wilson Caféでは、その時々の旬なテーマや参加者から寄せられる「今対話したいテーマ」を設定することで、みなさんの情報収集をサポートしています。
参加されるみなさまには、フラットな立場でお互いの経験や考えをざっくばらんにお話いただいており、終始和やかな雰囲気で交流を楽しまれているようです。また、旬なテーマ設定ゆえに、「まだまだ話せます!」「延長を希望します!」といった嬉しいお声も。
ふだん抱えているモヤモヤを話してみることで、新しい発見を得ることができるのもWilson Caféの特徴です。

オンラインだからこそできる他社との交流

働き方の多様化により、多くのイベントがオンライン化していますが、オンラインイベントでの情報交換はリアルの時のようにはいかないことも多いとお伺いします。「隙間時間で参加できるようになった」「移動しなくていいので気軽に参加できる」などオンライン化のメリットに注目が集まっている一方、「集中できなかった」「話が一方通行」「他社との交流の時間がなかった」などのデメリットも。
Wilson Caféではメリットに着目し、オンラインでも隙間時間に会話をしていただくことで他社との交流を促進します。また、個別のお部屋(ブレイクアウトルーム)に分かれて対話いただくことによって、みなさまの心理的安全性を担保しながらコミュニケーションが取れることも特徴のひとつです。
「初対面の人といきなりブレイクアウトルームで会話するのはちょっと……」と言われる方も、意外と共通の話題が見つかり会話が弾んでいるようです。オンラインの活用によって、交流の幅を拡げていきたいですね。

参加者の声

気楽にお話ができ、いろいろな方のアイデアを聞かせていただきました
同じ問題意識を持つさまざまな業種、年齢層の方々との有意義な意見交換が出来た
さまざまな切り口から考えることができました

次回は11月17日開催!テーマは「主体性のない組織」はなぜでき上がる?

そんな安心安全な対話の場である「Wilson Café」は2か月に一度開催。次回は11月17日(水)です。
「モヤモヤを発散したい」「他社の方と話してみたい」という方は、ぜひご参加ください。
Café店員一同お待ちしております。

お申込みはこちら

 

 

関連記事