Events

#45 “What does Workstyle Reform mean for you? Do you know how you spend your time?”

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

第45回 2/24(金)開催 

働き方改革はあなたにとってどんな意味 自分の時間の使い方を知っていますか

%e5%9b%b31

お申込みはこちら

Sign to Participate

■ セッション概要(Outline of session)

       

 

ここ数ヶ月何度もニュースやメディアに登場する言葉は、「働き方改革」です。電通の事件をきっかけに、

日本でも海外のメディアでもかなり取り上げられている日本の長時間労働。

「過労死白書」が出るに至って、グローバルスタンダードとの違いも明らかとなり、なんとかしなくてはという機運が高まってきているようです。

人材不足に悩む企業が、残業を削減する方向に向いたり、週休3日制が登場したり、といろいろな動きが見えるのですが、

今回の「ダボスの経験を東京で」では、

私たち個人にとっての「働き方改革」とは?

というテーマに焦点をあててみたいと思います。

 みなさんは自分がどのような活動に時間を使っているか、をご存知でしょうか。長時間労働をなくそう、もっと効率的な働き方をしようといっても、

そもそも自らの向かう方向性がわかっていなければ、手の打ちようがないことは明らかです。そこで、今回はみなさんがどんなことに時間を使っているか、

振り返って、その中でもっと効率のよいやり方はないか、を創造的・想像的に考えてみましょう。

 

 

Recently, one topic that has appeared almost every day in the media is “Work style reform.”  With the much media  attention throughout the world, there

appears momentum to address the issue of “long workhours in Japan”  In fact, the first White paper on Karoshi (already in the dictionary, meaning death

from overwork) has been published lately..In addition to the government policies on workstyle reform, we see some initiatives by the companies such as

“reduction of overtime” “4 workday week”, partly because corporations have had difficulty in recruiting people.

 At session #45 of Davos. series, we will focus on what individuals can and should do for this issue.

 Do you know for what activities  you spend time? Though we seek to cut long workhours and promote more efficient workstyle,

it has to start with the facts.  So, we will ask you to reflect how much time you spend for what activities yourself, i

n order to think creatively with imagination how better to spend time.

Let us think about how we can use time more efficiently and effectively.

■ 参加に当たってのお知らせ


1.セッションはすべて英語で行われます。グローバルアジェンダに関心のある方の参加を歓迎します。

   All session will be implemented in English; thus, we welcome all who are interested in Global Agenda.

2.定員40名。先着により申込を締め切らせて戴きます。定員に達した場合はご容赦ください。                                                          

   The maximum number of participants are 40

3.セッション中の様子を写真・動画で撮影いたします。後日、セミナーレポート等に活用する可能性があります。ご了承ください。 
       Facebookアカウントはこちら: https://www.facebook.com/davostokyo             

  We will take the pictures and video throughout session, and we may use it on SNS or HP.


4.【参加費】 4000円(学生 2000円)

   Fee 4000 Yen (Students are 2000Yen)

 

5.  日本では世界的な課題について英語で議論し、解決案を考え、実行する場が少ないのが現状です。
 もっと世界を舞台に、堂々と議論できる人を育てようという目的からから毎月行われているのが、一橋大学名誉教授の石倉洋子が担当するプロジェクト「ダボスの経験を東京で」(Davos experience in Tokyo、以降「DEX」)シリーズです。                                                      

To lead young people to be Global innovative leader, we offer opportunities for young people to discuss about global issues, express their opinions, and share with others in English. Participants will engage in breakout group discussion with diversified people, like the most exciting part of WEF Annual Meeting in Davos.

■ 開催概要

【日時】
   2017年2月24日(金)19:30~22:00(開場19:00)

【セッションの進め方】
    1.一橋大学名誉教授 石倉洋子によるプレゼンテーション
    2.課題提起となるゲストトーク
    3.参加者全体でテーマ、課題に関するディスカッション
    4.テーマ別グループディスカッション、レポートバック
    5.全体ディスカッションとまとめ
    ※セッション形式によって変更となる場合があります。

【会場】
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社 1F イノベーションセンター
東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

お申込みはこちら (Sign to Paricipate)

【お問い合わせ窓口】
  ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社  担当:三浦、牛島
  TEL:03-6381-0225 FAX:03-6381-0228    Mail:Crossborder_Leadership@