Articles

海外現地法人自律化のポイントとは?

お客さま企業の課題や疑問について、ウィルソン・ラーニングのコンサルタントがQ&A方式で、わかりやすく解説する【コンサルタントの視点】シリーズ。 

今回のテーマは「日本法人のグローバル化」です。ウィルソン・ラーニングではグローバル化にはフェーズがあると考えています。

 

 

Ⅰ 形成期 : 海外現地法人の立ち上げ、対日系企業のビジネスが主となる

Ⅱ 定常期 : 拠点としてローカルビジネスが拡大、対現地企業のビジネスも増えてくる

Ⅲ 統合期 : グローバルビジネスの拡大、拠点を超えたビジネスが拡大する

多くの日本企業の海外現地法人はフェーズⅡ、あるいはフェーズⅢに移行しています。海外に拠点を作り、現地の日本企業相手のビジネス拡大を狙う、あるいは製造拠点として本国への輸出をメイン業務とする立ち上げ期は終わり、現地の企業とのビジネスの拡大を現地法人主導でおこなっていくことが求められています。

そういった背景の中で日本企業のさらなるグローバル化の中でも昨今多くの企業様で抱えている問題として主に以下の3つの観点が言われています。

  1. 海外現地法人の自律化を推進するローカルリーダーの育成
  2. 海外現地法人と日本の本社をつなぐ日本人グローバルリーダーの育成
  3. 理念やMissionをベースとしたグローバル経営層育成

シリーズ第1回目となる今回は3つのテーマの中でも海外現地法人の自律化にフォーカスし、成長市場であるアジアでのビジネス拡大を先導するローカルリーダーの育成に関して、タイでの勤務経験もある、保戸塚紗依(ほとづか さより)が担当いたします。

【Q1】日本企業の海外現地法人ではどういったことが課題になっているのか?

多くのグローバル企業では日本人赴任者の数を減らす動きが出ています。コスト削減という面が大きいようですが、今まで現地法人における経営層、マネジメント層にいたのは日本人赴任者であることも多かったため、現地をマネジメントできるローカルリーダーの育成の必要性が急務となっているのです。

また、製造業においては海外現地法人の在り方も変わってきています。今までは日本というマーケットに輸出するための製品を作るという役割でしたが日本のマーケットが縮小している今、現地でのビジネス獲得の必要性も出てきています。タイにいる中でも営業部隊を新たにつくり、ローカルのニーズをリサーチしている企業も出てきました。

【Q2】タイで仕事をしている中で一番感じた日本との違いは何ですか?

いろいろありますが、女性管理職の比率が圧倒的に高いことです。
国際会計事務所グラントソントンの調査でも、タイの管理職に占める女性の比率は37%、世界で5位になっています。

【Q3】今、多くの企業で現地法人自律化の必要性が言われています。
タイの現地も見たうえで、自律化のために重要だと思う点は何ですか?

日本の働き方や日本語を好むタイ人の方も多く、日本企業のプロセスやマネジメント方法が受け入れられている部分もありますが、日本のやり方を一方的に定着させようとしている企業様も見受けられます。
なぜそれをやらなければいけないのか、理由を説明し納得してもらった上で協力を得られれば、お互いにとって良い結果が生み出せますが、双方向のコミュニケーションが成立していない場合、特に日本人マネジメントのアカウンタビリティーが果たせていないと、誤解や認識のずれが生じ現地の人材を活かしたオペレーションが難しくなります。

別の企業様では、現地に裁量権がなく、本社の承認が必要なため、迅速な決断が求められる局面ではビジネスチャンスや優秀な人財の獲得機会を逃してしまい、現地の日本人マネジメントも含め、従業員たちが疲弊していくことや、モチベーションの低下に繋がっている状況を目にすることがありました。

タイに限らず、またどの企業にも言えることですが、いかに本社と現地法人が強い信頼関係を築き、双方向のコミュニケーションを通じて粘り強くビジネスを発展させていけるかが現地法人の自律化には重要です。

【Q4】日本企業の海外現地法人では赴任者がマネジメント層であることが多く、権限委譲に苦労していると言われています。
現地の人ではなく日本人赴任者として意識すべき点は何でしょうか?

従業員の成長なくして企業の成長は望めません。
幹部候補である現地の方と双方向のコミュニケーションを取りながら、組織のゴールとその方の成長を結び付けて考えることが大切です。

私がお手伝いさせていただいていた企業様でも、自ずと信頼関係が強固なものになり、権限移譲もスムーズに進み本当の意味での現地法人の自律化を成し遂げて日本に帰任された赴任者の方もいらっしゃいました。

人材育成は時間のかかるミッションですが、企業の存在意義や継承していくべき事柄を整理し、きちんと体系化していくことで目標が明確になります。目標が明確になれば、初めは赴任者が現地の幹部候補の方と並走していても、しばらくすると幹部候補が自ら現地のスタッフをリードしていくようになり、自律化が実現されると思います。

「アジア現地法人自律化に向けて」9/22 フォーラムを開催します

開催概要

【日時】
 2017年9月22日(金) 14:00~17:00(開場13:30)

【内容】
 ●ウィルソン・ラーニングにおけるグローバルケーパビリティのご紹介
 ●アジア現地法人自律化に向けた3つのポイント
 ●ローカルリーダー育成実施例

【参加費】 無料

【会場】
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

【9/22(金)開催】お申し込みはこちら

■ コンサルタント
保戸塚 紗依(ほとづか さより)

ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社

コンサルタント

日本において顧客満足向上をテーマに飲食業界で活動した後、2010年よりタイの外資系人材紹介会社の日系企業向けサービス部門の立ち上げに従事。

2017年1月よりウィルソン・ラーニングに参画し、タイでの海外現地法人とのビジネス経験を活かし、日本企業のグローバル化推進にむけたコンサルティングに従事している。

■ お問い合わせ窓口

グローバル化に向けたコンサルティング、講演などのご依頼は、以下にご連絡ください。
  ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社  
  TEL:03-6381-0225 FAX:03-6381-0228    Mail:marketing@wlw.co.jp