Events

10/27 開催  日本人赴任者のストレッチアサインメントに向けて

赴任者に求められる役割とは?

 昨今日本人の赴任者数を減らし、ローカル人材のマネジメント職を登用することで、現地法人の自律化を推進する動きが加速しています。それに応じ、日本人赴任者に求められる役割も変化しています。


 かつては、技術力・専門知識が高い人が選抜され、その後のキャリアとの相関や帰任後に赴任経験が生きる職務にアサインメントされないことも多くありました。しかし、日本市場の成熟化に伴い、海外の成長地域の自律化が急務の課題となり、赴任経験を通じて、海外現地法人と日本本社をつなぎ、企業のトランスナショナル化(本社求心力に基づいた現地自律性を両立する経営)をけん引するリーダー人材を育成することが必要となっています。

ストレッチアサインメントを通したグローバル人材育成

 

 

グローバル人材を育成していくうえでカギとなるのは計画的な育成です。海外赴任時には、現状の役職よりも上位の役割を求められることが多いものです。マネジメント経験が十分でない社員が異文化環境で組織のパフォーマンスを高めるマネジメントを行うには、赴任前の異文化研修だけでは不十分です。

 

ウィルソン・ラーニングでは、今回、赴任前、赴任中、赴任後のプロセスにおいて、計画されたリーダー育成の施策と支えるポータルサイトの活用事例をご紹介します。

【10/27開催】お申し込みはこちら

開催概要

【日時】
 2017年10月27日(金) 14:00~17:00(開場13:30)

【内容】
   ● ウィルソン・ラーニングにおけるグローバルケーパビリティのご紹介

   ● 今までの赴任のスタイルと今後求められるグローバル人材育成の違い

 ● 赴任前(プール人材に向けた教育、期待の伝達)

 ● 赴任中(赴任経験を整理し、体系化するマネジメント研修)

 ● 赴任後(経験整理、次へのキャリアアップ)

 ● 赴任者用ポータルサイトの活用事例

【10/27開催】お申し込みはこちら

【会場】
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

【定員】 20名程度

  • 定員になり次第、締切らせていただきます。お早めにお申込みください。
  • ご参加は1社につき2名までとさせていただきます。
  • 同業(人材育成・研修業界)の方のご参加はお断りさせていただきます。

 

【お問い合わせ窓口】
  ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社  担当:渡辺
  TEL:03-6381-0225 FAX:03-6381-0228    Mail:marketing@wlw.co.jp