Events

9/22 開催 アジア現地法人自律化に向けて 

 

国・組織・個人の3つの違いに留意し、対応性を高めることで協働へ

 

日本人の赴任者を減らし、海外の現地マネジメント職の方達がマネジメントサイクルを回していけるよう、現地法人の自律化を図る動きが急速に多くの企業で起きています。

ウィルソン・ラーニングでは以下の3つの「違い」に留意し、それらを認め、受け入れ、対応していくことが鍵と考えます。

■3つの違い
1. 国・地域特有の歴史や文化による価値観、言動傾向の「違い」
2. 自組織の特有の強み・文化の「違い」
3. 個人的な価値観・言動傾向の「違い」

異文化理解だけではなく、アジア各国の国民性に合わせて日本人と現地の人とが言動ベースでどのように対応していくか、マネジメントプロセスを通して発揮する方法を実践的に学ぶことが重要だとウィルソン・ラーニングは考えます。
また個々人の「違い」を知り、対応していくことも重要です。

では個人の「違い」はどのように測り、どのように受け入れればよいのでしょうか。
「自分とは違う」という自分基準のモノサシで人を測ることではありません。
違いを客観的に測る指標を使って対応していくことで、多様な人々との協働へ導くことができるのです。

当日はこの3つの「違い」に留意し、グローバル環境で協働を推進する上でキーとなる「対応性」を発揮するプログラムを体験いただきます。


日本人赴任者を減らし、現地法人の自律化を推進していくうえでの課題や、実際に現地でどういったことが起きているのか、ディスカッションやワークを通じて現地法人への理解と自律化のポイントを明らかにしましょう。


お申し込みは終了いたしました

 

開催概要

【日時】
 2017年9月22日(金) 14:00~17:00(開場13:30)

【内容】
 ●ウィルソン・ラーニングにおけるグローバルケーパビリティのご紹介
 ●アジア現地法人自律化に向けた3つのポイント
 ●ローカルリーダー育成実施例                  

【参加費】 無料

【会場】
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

【定員】 20名程度

  • 定員になり次第、締切らせていただきます。お早めにお申込みください。
  • ご参加は1社につき2名までとさせていただきます。
  • 同業(人材育成・研修業界)の方のご参加はお断りさせていただきます。

お申し込みは終了いたしました

【お問い合わせ窓口】
  ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社  担当:渡辺
  TEL:03-6381-0225 FAX:03-6381-0228    Mail:marketing@wlw.co.jp