Events

1/13, 2/8開催 コンフォートゾーンを越えて協働し、変革を推進する

ソーシャルスタイル理論を活用した最新プログラム 無料体験会のご案内

自分の居心地の良いコンフォートゾーン(安心領域)を越えられるリーダーが
多様な人材と協働し、ビジネスに変革をもたらす

多くの企業が変革期に差し掛かっており、「共創」、「協働」、「価値創造」がキーワードとなっています。今までの同質性が高い職場で仕事をすることから、多様で異質性の高い社内外の人たちと協働し、新たな価値を創り出し、変革を推進することが求められています。

人はみな自分のコンフォートゾーン(安心領域)があり、居心地が良く、無意識に居続けてしまいます。そうすると、多様な人との協働はうまくいかず、変化を創ることが困難です。自分のコンフォートゾーン(安心領域)を越えて、協働関係をつくることができる力(対応性)が高いリーダーは、多様な人と協働し、変革を創り出す可能性が高くなります。

ウィルソン・ラーニングでは、自身の対人関係のコンフォートゾーンを理解し、多様な人々と効果的な協働を実現するストレッチする力を高めるリーダー人材向けプログラム「バーサタイルリーダー」を2016年10月にリリースしました。今回、その一部をご体験いただく機会を設けました。ご参加をお待ちしております。

対応性の力を高めるための方法論 「ソーシャルスタイル」とは?

自身のコンフォートゾーン(安心領域)を越え、人との接し方、仕事の進め方、時間の使い方などの違いを知り、相手に対応した関係性をつくり、働きかける能力=対応性がリーダー人材に求められます。対応性を高めるための枠組みとして世界中で活用されているのがソーシャルスタイルです(下図)。

対人関係のコンフォートゾーン「ソーシャルスタイル」

ソーシャルスタイルを知ることで、相手の特性に合わせて対応できるようになり、生産性の高い協働関係を実現できます。
ウィルソン・ラーニングのソーシャルスタイルは世界累計180万人が受講し、組織づくり・人づくりに欠かせない高い評価を得ているプログラムです。

お申込みはこちら

 

開催概要

【日時】 ※各日同一内容となります

  2017年1月13日(金)13:00~16:30(開場12:30)※受付終了しました

  2017年2月8日(水)14:00~17:30(開場13:30)

【内容】
① 変化の時代にコンフォートゾーンを越えるということ
② 「バーサイルリーダー」体験セッション:ソーシャルスタイルと対応性の理解

【会場】
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社 1F イノベーションセンター
東京都港区六本木一丁目10番6号

※最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 中央改札口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 神谷町駅 4b出口より徒歩5分

【定員】 16名

 

  • 定員になり次第、締切らせていただきます。お早めにお申込みください。
  • ご参加は1社につき2名までとさせていただきます。
  • 同業(人材育成・研修業界)の方のご参加はお断りさせていただきます。

 

【参加費】 無料

お申込みはこちら

 

【お問い合わせ窓口】
  ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社  担当:渡辺
  TEL:03-6381-0225 FAX:03-6381-0228    Mail:marketing@wlw.co.jp